グルコバイ50mgの写真

グルコバイはアカルボースを成分としたお薬です。主に糖尿病による食後過血糖の改善や血糖値のコントロールとして用いら食事療法の補助薬として2型糖尿病にも有効とされております。

グルコバイの効果と糖尿病の2型治験患者について

糖尿病の2型治験患者に関してはグルコバイをはじめとする多くの糖尿病治療薬で必要とされていて、インスリンなどの機能を検査して、2型治験患者の状態をモニタリングしてグルコバイが血糖値の上昇をどの程度抑制するのかを検査します。糖尿病の2型治験患者は主に糖尿病治療中の場合が多いので、新しいタイプの治療薬を服用することで症状が改善する可能性もあります。またグルコバイなどの糖や炭水化物の吸収を遅らせるタイプの薬は副作用が少ないので低血糖などによる意識障害などがほとんど起きません。糖尿病は生活習慣病として扱われていて、食生活を改善することで症状を軽減することができますが、血糖値が高すぎる場合には動脈硬化や脳梗塞などの原因にもなるので、血糖値を下げるためにグルコバイなどの血糖値を下げる薬が投与されますが、効果が強すぎると低血糖状態になって意識障害を起こす可能性があるので、最近ではグルコバイのような作用の弱い糖尿病治療薬の処方が増えています。糖尿病治療薬の服用で意識障害が起きた場合にはブドウ糖を摂取しなければならないので、ブドウ糖で作られているキャンディーなどを摂取する必要があります。ブドウ糖は脳のエネルギー源なので摂取をすると意識障害から回復することができるので、低血糖による意識障害が起きたときにすぐに対処できるようにキャンディーを持ち歩く必要があります。炭水化物や糖分を食事から完全に取り除くダイエットなどを行っている場合には、一時的な低血糖状態が起きる可能性がありますが、基本的にはケトン体が体の中で作られることで、炭水化物の役割を代替することができます。しかし炭水化物の摂取を極端に減らすことで脳の活動が弱まるので認知症になるリスクが高まります。