グルコバイ50mgの写真

グルコバイはアカルボースを成分としたお薬です。主に糖尿病による食後過血糖の改善や血糖値のコントロールとして用いら食事療法の補助薬として2型糖尿病にも有効とされております。

グルコバイの成分と働きについて

グルコバイとはアカルボースという成分を主成分とした薬剤です。主に糖尿病の治療薬として知られています。従来の糖尿病の血糖降下剤とは原理が異なり、比較的新しい治療薬として注目を集めています。通常私たちの体内は炭水化物などの糖質を含む食事を摂取すると、体内で消化されブドウ糖に分解されます。その後小腸で吸収され血糖値が一時的に上昇します。この時に正常な人の体内ではインスリンが分泌されることで、上がり過ぎた血糖値を正常値まで戻す働きによりバランスを保っています。このインスリンの量が低下したり機能が弱まることから血糖値が正常に保てなくなる症状を糖尿病といいます。グルコバイは服用することで食後の急激な血糖値の上昇を防ぐ働きがあります。食べ物を摂取した際に腸からの糖質の吸収をゆっくりと遅らせる作用があります。グルコバイには小腸に存在するαグルコシダーゼという酵素を抑制する働きがあります。そのため糖質を分解する作用がゆるやかになり、ブドウ糖の体内への吸収が穏やかになるという効能があるといいます。このような効能と効果から最近ではダイエットのサポート薬として利用する人もいるようです。しかしグルコバイを飲んだだけで劇的に痩せるわけではありません。食後の血糖値の急激な上昇を防ぐ効果にプラスして空腹を感じにくくなったという口コミがあるようです。グルコバイの服用にあたっては本来は医師の処方による入手が一般的ですが、最近ではネットの個人輸入代行サイトなどで購入する人も増えてきているようです。グルコバイは服用の仕方は食事の直前に飲むことが基本的な使用法です。また服用に際しては一部の副作用が出ることがあるようです。比較的多いとされる副作用にはお腹の膨満感や腹痛・排便回数の増加やおならの多発などがあるようです。